2008年6月10日火曜日

iPhone 3G


S.ジョブスの基調講演をみて思ったこと。

(1)S.ジョブス、大丈夫?

まさかガン再発してない?
またまた激しく痩せたんですけど。

しかも、今年の基調講演は人に任せっぱなしだ。


10分喋って、50分お休み。
8分喋って、15分お休み。
22分喋って終わり。

体力的に立ってられないんじゃあ。心配だなぁ。
業績好調な Apple も、S.ジョブスあってこそ。

(2)アメリカでは iPhone はスマートフォンとしてビジネスマンにヒットしてるんだな。

日本では iPod の延長として認識されており、ガジェット好きな一部の人(しかも主に男)が買うだけで、ビジネス用ツールとして使われることは決してないだろう。

この記事に書いてあることが、日本ではおそらく起きる。
『iPhone』は日本人に受け入れられるか?:「複雑過ぎる」日本の携帯電話

そう、日本ではiPhone は大ヒットはしないだろう。最初はそこそこ売れるだろうけど。

多くの日本人には、日本の携帯とは全く異なる思想で作られた iPhone は受け入れられないのでは。
極端な話、携帯ストラップもつけられない携帯に我慢できない人が多そう。

(3)iPhone 3Gは、70カ国で発売されるが、アプリケーションをダウンロードできるApp Store が利用できるようになるのは62カ国。日本がその残念な8カ国に入ってるんじゃないだろうな。頼むぞ、ソフトバンク。

(4)日本ではなぜかほとんど報道されてないけど、iPhone専用イヤフォンじゃなくても使えるようになったのが嬉しい。会場の多くの人にとっても朗報だったようで拍手が起きてましたね。

(5)価格は報道通り、世界一律199ドルだと言ってましたが、本当に日本でも2万円強で発売されるのかなぁ。再び頼むぞ、ソフトバンク。

0 件のコメント:

コメントを投稿