2008年8月22日金曜日

幸せの1ページ

評価:★★1/2

『最高にハッピーなハートフル・アドベンチャー』というのがキャッチコピーだが、このキャッチコピーからして、おそらく20〜30代の女性客を引きつけようとしてると思われる。

だが、その内容はというと、もっと若い女の子か、小さい子供がいるファミリー向けのコメディ映画だ。

試写会で観たが、隣にいた 30代か40代前半と思われる女性も、「子供なら喜びそう」と突き放したコメントをアンケートに書いていた。
でも、その通り。

コメディであることには間違いないが、大人が観て笑える映画ではない。(ちょびっとだけ笑ったシーンがあったことは認めるが)

大人が楽しむには、ちょっとチャチすぎるんだよね。なんと言ってもストーリーが。そして映像も。合成が稚拙すぎ。背景から浮きまくってるじゃないか。

ただ、エンドクレジットだけは大変良かった。きれいで楽しくて。

0 件のコメント:

コメントを投稿