2008年9月1日月曜日

シルク・ド・ソレイユのゼッド


10/1から始まるシルク・ド・ソレイユの東京での常設公演『ゼッド』のトライアウト公演を観てきました。


ファシナシオン、サルティンバンコ、アレグリア、 サルティンバンコ2000、キダム、アレグリア2、ドラリオンと日本で公演してきたシルク・ド・ソレイユですが、ついに日本にも常設公演が出来て幸せこの上ない。

ところで、私の席の周りの人たちの会話や、休憩時間中の周りの人たちの会話を聞くともなく聞いていると、なぜか皆さん、シルク・ド・ソレイユの公演は初めての

人たちばかりでした。どんなものなのか全く知らずに来ている人も多いのが不思議でした。

東京ではいつも代々木でやってますが、代々木で観てるときは、いつもシルク・ド・ソレイユの公演に慣れた人たちばかりの印象だったのに。

やはりディズニーリゾートにできたということで、ディズニーのついでに観てみたという人が多いんでしょうか。

ちなみに、私はEブロックという一番端のブロックだったので、行くまではハズレ席だと思ってましたが、行ってみると前から3列目と舞台に近いうえ、実際にはDブロックの一番中央寄りの席で、それほど端というわけではありませんでした。

しかも、このEブロックの席は、空中ブランコと綱渡りは真下から見上げる形で鑑賞するので、大迫力です。こんなアングルで観た事がないので感動でした。

真ん中でも後ろのほうの席ならば、端の前のほうの席のほうが楽しめるかも。ゼッドは特に真ん中じゃないと分かりにくいような演目はないし。

あ、そうそう。

シルク・ド・ソレイユの公演では、開演前に観客いじりがあるわけで、あれが楽しみの一つなのに今回は少なめでした。

しかも、前に書いたようにシルク・ド・ソレイユの公演が初めてで慣れてない人が多かったせいなのか、何を求められているのか本当に分からなかったのか知りませんが、ノリが悪いというかなんというか、何も動こうとせず、観ていてイライラしました。

シルク・ド・ソレイユの本部も日本各地で巡回公演しているので、日本、特にその中でも東京はノリが悪いということを知っているので、観客いじりが少な目にしているのかもね。

最後に余談ですが、私、ファシナシオンだけは観てないんですよねー。DVDも出てないし残念だなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿