2008年9月26日金曜日

nuvi360をアメリカで使ってみた

サンフランシスコを出発して、10日間あちこち回って最終的にラスベガスに至る約3000kmの旅をした。
いつもならば地図を頼りにドライブの旅をするところだが、今回は地図は買わずnuvi360に全面的に頼ることにした。

ただ、そうは言っても2GBのmicroSDカード1枚で全米をカバーしているわけだから、正直言って主要道路の情報は入っていても細い道路はカバーしてないだろうし、ましてや道路沿いの店の情報なんかまるで入ってないだろうから、いつかどこかで地図を買わないとダメかもと思ってました。

だが、いざ走り出してみると、それはまったくの思い違いであることが判明。
nuvi360、素晴らしすぎます。グレートです。見くびって済みませんでしたっ!

例えば、モントレーからキングス・キャニオン国立公園はどうやって行くの?と検索すれば、あっという間に最短時間でたどり着く道を出してくれるし、その道中で、お腹減ったから中華でも食べるか、じゃ、最寄の中華料理店はどこ?と指示すれば、これまたたちどころにリストを表示してくれる。

こんなことは地図ではできないわけで、本当にありがたみを実感した。

日本みたいにちょっと走れば、そこらに店はあるし、ガソリンスタンドもあるような狭い国と違って、アメリカは数百キロ運転してても、1台の車ともすれちがわず、ましてや人なんて誰もみかけないし、ガソリンスタンドも一軒もないような広大な国である。カーナビがあるとないでは天地の差がある。

最近はアメリカでレンタカーを借りると、nuvi360のような簡易カーナビを貸してくれるので、アメリカのドライブの旅を予定しているのならば、借りることを強くオススメする。本当に便利です。

0 件のコメント:

コメントを投稿