2008年12月19日金曜日

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー (2008 アメリカ・ドイツ)

評価:★★★

前作の『ヘルボーイ』は機内で観たのだが、第2作目の『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』もどういうわけか機内で観ることに。不思議な巡り合わせだ。

映画は前作よりもちょっとおちゃらけ度が増したけど、ヘルボーイは相変わらずカッコいい。とにかくなんでも拳と銃で解決しようとするタフガイぶりにシビれる。

それにしてもロン・パールマンは正にハマり役。
ロン・パールマンを初めて観たのは忘れもしない『薔薇の名前』のサルバトーレ役。衝撃でした。こんな動物顔の人がいるなんて、と。『ドクター・モローの島』に出てくる、無理やり人にさせられた動物のような顔だ。

でも、その動物顔だからこそ、ヘルボーイは生きてくる。本当にカッコいいわ。

0 件のコメント:

コメントを投稿