2010年2月8日月曜日

自動車用バッテリの捨て方

先日、自動車のバッテリを交換した話を書いたが、問題は古いバッテリの処理方法だ。

ガソリンスタンドやカーショップの中には、バッテリを引きとってくれるところもあるようだが、500〜1,000円ぐらい手数料を取るらしい。私が最初に買おうと思った通販店では引取りもできると書いてあったが、引取り料は2,000円だった。その時点では相場を知らなかったので2,000円なら安いかなと思い、もう少しで注文するところだった。

だが、よくよく調べてみると、社団法人 電池工業会というところが、電池のリサイクルを進めており、その協力店ならば無料で引き取ってくれるようだ。でも、どこに協力店があるのか分からない。

ということで、電池工業会のホームページの『ご意見・お問い合わせ』から、自宅近辺の協力店を教えてもらえないか問い合わせてみると、すぐに2店教えてくれた。いずれもガソリンスタンドやカーショップなどではなく、教えてもらわなかったら絶対思いつかないような電器工事店と思しき店。

今日、店に電話してみたが、電話する前は、そうは言ってもやっぱりお金取られるのでは、とか、イヤそうに引き受けるのかと予想してたので、ちょっと身構えて電話したのが、実に快く大丈夫ですよのことだった。

持っていってみると、実際、気持ちよく引きとってもらえたが、ホームページに協力店の一覧を載せるとかして、電池工業会はもっと宣伝したほうがいいんじゃないかなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿