2010年9月19日日曜日

食べて、祈って、恋をして (2010 アメリカ)

★★★

500円で観られる機会があったので、500円ならいいだろってことで鑑賞。

えーと、結局、なにが言いたいのかな、この映画。今ひとつワカラン。

ちょっと我が強いワガママな女性が、自分探しに出るってだけの映画に2時間20分もいらないんじゃあ。もっとも意外に140分の長丁場の割には飽きることはなかったけど。

女性映画だけど、聞くところによると、日本人の女性にもあまり好評じゃないとか。この人の生き方に共感できないとかで。そうね、私は男だけど、そもそも日本人には、これだけの行動力を持ってる人は少なそうなので、根本からしてちょっと違いすぎて共感できないのかも。ただ、主人公に共感できるかどうかは、必ずしも映画の評価のポイントではないので、そこは私は気にならなかったけど。女性は一番気にするところかもね。

0 件のコメント:

コメントを投稿