2010年11月27日土曜日

普通自動二輪車の免許

定年になって暇になったら、ハーレーみたいなアメリカンなオートバイに乗って、あちこちツーリングしたい、なんて思ってたりしたんだが、定年まで生きてるかどうか分からないので、唐突に思い立って、先週から自動車教習所に通いだした。

原付は乗ったことないし、自転車もほとんど乗ったことがない。なにしろ小学生のとき、すなわち40年前に乗って以来ずっと乗ってなくて、数年前に久しぶりに自転車を買ったものの、坂が多い地域に住んでるものでしんどすぎて、結局乗ってない状態。でも、自転車の乗り方は一度覚えたら忘れないというので大丈夫じゃないかと思って、通い始めたが、やはりそこに問題があったのかも。
というのも、幅30cmの板の上を15m運転する一本橋という実技があるのだが、これが超苦手。ほとんど成功しない。落ちまくり。おかげで補修となってしまい、もう1時間練習しないといけない。参ったなー。本当に免許取れるんだろうか。

運動神経は割と良いほうで、どんなスポーツも最初からこなせるタイプなので、簡単に取れるだろうとタカをくくっていたのだが、どうやらオートバイの操縦は苦手なようだ。普通自動二輪の免許を取ったら引き続き大型自動二輪の免許も取り、大型のバイクを買おうと思っていたのだが、前途多難の予感がする。

そもそも自転車すらろくすっぽ乗ったことがないせいもあると思うが、それよりも年を取って臆病になったことが関係してるかも。オートバイの操縦って結構度胸がいるのね。体ごとバイクを傾けないと曲がってくれないが、これが結構怖い。低速だと安定しないので、低速になるほどコケそうで怖かったりする。

大体、教習車はCB400というバイクなのだが、想像してたよりバイクが大きいのでびっくりした。私は両足ともにべったり足がつくんだけど、見ていると小柄な人は足がつんつんだったりする。それでも簡単に一本橋をこなしていたりして、うーん、どうしてそんなに簡単にできちゃうの?私の稚拙な技術で足がつんつんだったら、とっくにコケてるんじゃなかろうか。

余談
今日、家の近所のハーレー・ショップの前を通りかかったとき、ふと店内を見たら岩城滉一が店の人と話しこんでいた。腰を落ち着けて喋っていたのでどうやら馴染みの店らしい。おそらく東京に住んでいるんだろうに、こんな郊外まで出かけてくるんだな。

ちなみにバイクで来たわけではないようで、おそらく店の前に路駐していた車で来た模様。見たことない車だったが、調べてみるとトヨタのFJクルーザーとうい逆輸入車のようだ。逆輸入車だけど300万円台とお手頃価格の車。他にも色々な車を持っているんだろうが、ちょっと意外。

0 件のコメント:

コメントを投稿