2010年12月26日日曜日

キック・アス (2010 イギリス、アメリカ)

★★★★

何の特殊能力もない普通の目立たない青年が、スーパーヒーローになることを目指す痛快アクション映画。笑いあり、アクションシーンも見応えありで言う事なし。

公開劇場が少ないのが惜しい。有名俳優はニコラス・ケイジぐらいしか出てないせいなのか、ちょっと過激なシーンがあるためR15指定を受けているせいなのか。ちなみにブラッド・ピットがプロデューサーの一人として参加してる。

本作で一番のアクションを演じている準主役の女の子は、殆どのシーンをノースタントで演じたそうだ。スタントがいらない子を探したんだろうけど素晴らしい。

ちなみに余談だが、同じ列に座ってた白人と笑うところが全く違った。向こうが笑うところは、こっちにとって面白くないし、こっちが大笑いしてるときに向こうは笑ってない。国によって笑うポイントって違うもんだね。
ちなみにさらに余談だが、こやつ、ロビーにいるときからビール飲んでて、場内でも飲んでたが、上映中に2回もトイレに行った。そんな調子で他の映画も見てるとしたら、ストーリーを把握できない映画もあるだろうに。

キック・アス公式サイト

2 件のコメント:

  1. 去年のベスト映画に選ぶ人が多いそうですね。
    へーと思って調べたら本当に上映館が少ないけど先週辺りからググッと増えてきています。
    機会を見つけて観に行ってみようかな…

    返信削除
  2. JINさん、この映画好きだと思いますよ。オススメ。

    返信削除