2011年3月13日日曜日

アメイジング・グレイス (2006 イギリス、アメリカ)

★★★1/2

2006年の作品だが、ようやく日本でも陽の目をみて公開された。奴隷売買の廃止に半生を捧げたイギリスの政治家ウィリアム・ウィルバーフォースを描いた感動作。

映画のタイトルは、賛美歌『アメイジング・グレイス』から採られたタイトル。

アメイジング・グレイスは、日本でも本田美奈子が歌って有名だが、誰が作曲したのかは不明だが、奴隷船の船長をしていたジョン・ニュートンが、奴隷売買に関わったことを後悔して作詞した曲なのだそうだ。

映画の中でも歌われるが、実際には、ウィルバーフォースが奴隷制度廃止運動をしていた50年ほど後に作られた歌であり、ウィルバーフォースが歌うことはなかったのだそうだ。

ちなみに、本田美奈子の歌とちょっとメロディが違う。彼女の歌は、どうやらアレンジがされているようだ。

公式サイト

0 件のコメント:

コメントを投稿