2011年4月20日水曜日

ガリバー旅行記 (2010 アメリカ)

★★★

あまりにどうでも良い映画だったので、書くのを忘れてた。日本語吹替版を鑑賞。

予告編で見ての通りの映画。
それ以上でもそれ以下でもなし。

良くも悪くもジャック・ブラックの映画。
それ以上でもそれ以下でもなし。

字幕版だったら、もっとつまらなかった予感がする。

あるシーンで、もしかして、KISSが友情出演か?!と思ってちょっと嬉しかったが、IMDbにはそんなことは何も書いてない。なーんだ、がっかり。

良かったのはエンドクレジット。エンドクレジットが始まったことに最初気づかなった。うまい構成だ。

ちなみに、舞台となっているリリパット王国の宮殿はセットではなく、イギリスに実在するブレナム宮殿だ。

宮殿と言ってもイギリス国王の宮殿ではなく、なんとか公(知りたい人はwikiでも見て)の家であり、かのウィンストン・チャーチルの生家である。

しかし、こんなに、巨大で立派なイギリスに生まれるってどんな感じなんだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿