2011年7月11日月曜日

赤ずきん (2011 アメリカ)

★★★

ちょっとダークな解釈の赤ずきんの物語。赤ずきんちゃんもすっかり成長しており、もはや純真無垢ではない普通の若い女の子になっている。

また、この作品での狼は普通の狼ではなく人狼だ。ただ、変身シーンはなく巨大な黒い狼として描かれている。そのせいか英語のセリフでは、人狼を意味するWerewolf(ウェアウルフ)と言っているのに、字幕では一度も人狼と言ってなかった気がする。ま、変身シーンがなく、人狼と言ってなくても、そうだということは見てれば分かるけど。

日本語字幕では人狼という言葉を使ってなかった(たぶん)のは、この映画では人狼が悪魔憑きとして描かれていたためかも。人狼は教会には入れないとか。

主演はアマンダ・サイフリッド。彼女が好きという人が結構多いらしいが、私はちっとも可愛いと思わず、どこが良いのかさっぱり分からない。

0 件のコメント:

コメントを投稿