2011年10月30日日曜日

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン

映画館で観たけど、本当の意味での映画ではないので★はなし。

「オペラ座の怪人」がロンドンのハー・マジェスティーズ・シアターで開演されてから今年で25周年。

それを記念して、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで、2011/10/1- 2の二日間、記念公演「The Phantom of the Opera at the Royal Albert Hall」が行われた。
10/1は19:30、10/2は13:30と19:00の2回で、計3回のみ。当日の公演は、ロンドンとニューヨークでは生中継されたが、日本では映画館で上映(上映劇場は日本語公式サイトで)されている。

2日限りの公演なので、大掛かりな大道具を設置することができないため、舞台装置はスクリーンに写した映像で済ませてるが、それ以外は常設公演と同じ内容で迫力があった。記念公演のために選ばれたキャストであり、ロンドン公演のキャストが演じているわけではないが。同じ日に常設公演もやっているわけだから当たり前だけど。

カメラを通して観ると、舞台で観るよりもアップで観られるのが良かった。冒頭のオークションの場面で、猿のオルゴールがアップになったときに、早くも感動が蘇って涙腺がゆるみかけた。

字幕がついているのも良かったが、残念ながら日本公演の歌詞が字幕になっているわけではなく、ちょっと簡略版になっていた。

最後にサプライズとして、アンドリュー・ロイド=ウェバーが登場。

さらにロンドン公演のオリジナルキャストであるサラ・ブライトマンとマイケル・クロフォードも登場。

さらにさらに、サラ・ブライトマンと4人のファントムが熱唱。4人は、オーストラリア版のファントム、カナダ・トロント版ファントム、現在のロンドン公演のファントム、そして次のロンドン公演のファントム。なぜか初代ファントムのマイケル・クロフォードは歌わなかった。

マイケル・クロフォードは現在アンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲した「オズの魔法使い」で魔法使い役をやっていて、当日、マチネーが終わったあと駆けつけたということだったが、ほんの少しでもいいから歌って欲しかった。


0 件のコメント:

コメントを投稿