2011年11月19日土曜日

マネーボール (2011 アメリカ)

★★★★

日本の野球にも大リーグにも全く興味がないので、正直気が進まずに観たのだが、良い映画だった。観て良かった。

GMのアシスタントは、実際にはあんな数字オタクではなく、それがゆえに本人から名前を使用する許可が出ず、実際の名前と異なるピーター・ブランドという名前になったそうだ。

また、あの映画ではビリー・ビーンは、離婚後は独身のように描かれていたが、実際には再婚しており、しかも後妻の登場するシーンも撮影していたのだ。後妻役は、ドラマ「コールド・ケース」でリリー・ラッシュ刑事役を演じていたキャスリン・モリス。ところが彼女の出演シーンは、全面カット。Blu-ray/DVDの未公開シーンに入るといいんだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿