2012年1月9日月曜日

宇宙人ポール (2011 アメリカ)

★★★★

イギリス人のSF作家とSF小説の表紙画家の二人が、二人にとって憧れの聖地、エリア51、ブラック・メール・ボックスなどのUFO関連の地を訪れる。ひょんなことから本物のエイリアンにヒッチハイクされ、メン・イン・ブラックに追われつつエイリアンを連れて逃げる。

このエイリアンがくそ生意気だけど憎めない奴。小説家と画家の二人も、二人揃ってコミコンに行くようなオタク。道中出会う奴らも変人揃い。正に珍道中と言うにふさわしい。

笑える映画だが、この映画の楽しみは他にもある。沢山の映画へのオマージュを交えつつ進行するので、映画ファンなら楽しめるシーンやセリフが満載。

私が分かったのは「スター・ウォーズ エピソード4」、「スター・ウォーズ エピソード6」、「未知との遭遇」、「レイダース 失われた聖櫃」、「インディ・ジョーンズ 魔球の伝説」、「激突!」、「エイリアン」、「メン・イン・ブラック」と言ったところか。スティーブン・スピルバーグ本人も声だけで出演。

0 件のコメント:

コメントを投稿