2012年5月3日木曜日

裏切りのサーカス (2011 フランス、イギリス、ドイツ)

★★★1/2

ジョン・ル・カレの小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」の映画化作品。原作を未読なので、どれぐらい原作に忠実なのか分からないが、英国情報部にもぐりこんだソ連の二重スパイを探しだすまでの緊張感がすごい。映画としてはちょっと地味と言えば地味なんだけど。

ちなみに原作者のジョン・ル・カレはクリスマスパーティのシーンのどこかに写っているそうだ。というか、ジョン・ル・カレってまだ生きていたのか。もうとっくに亡くなってると勘違いしてた。wikipediaによると、現在81才。

0 件のコメント:

コメントを投稿