2012年7月29日日曜日

ダークナイト ライジング(2012 アメリカ、イギリス)

★★★★★

期待の大作なので、おそらく現時点で日本最高の設備の映画館である109シネマズ湘南まで足を運んだ。そもそもIMAXカメラで撮影しているので、IMAXで鑑賞するのがベストだし。なんていうのは後付けの理由付けで、通常のカメラで撮影したものをIMAXに変換しただけであったってIMAXで観るつもりだったけど。

ネタバレになるのが嫌だったため、「ダークナイト ライジング」の予告編が始まったら目をつぶるようにしてたお陰で、TVでやってる予告編以上の予備知識ゼロ状態で鑑賞。もちろん雑誌などの特集記事も一切読まず。なにしろ今回、アン・ハサウェイが出ていることすら知らなかったぐらいだ。

クリストファー・ノーラン監督のバットマン・シリーズの集大成となるに相応しい作品。

過去の登場人物がちょっと意外な役柄で再登場していたりするので、「バットマン・ビギンズ」と「ダークナイト」をもう一度観てから観たほうが良いかも。私も「バットマン・ビギンズ」の記憶はもうかなり薄れているため、あれ?こいつは生きてたんだっけねと思ったりした。

0 件のコメント:

コメントを投稿