2012年8月30日木曜日

「ホビット 思いがけない冒険」の予告編で早くも感動

「ホビット 思いがけない冒険」の予告編が、最近、日本の劇場でも流されているが、ドワーフ13人が歌うシーンで、早くも感動して薄っすら涙ぐんでしまう。我ながらいくらなんでも涙腺ゆるみ過ぎだと思うけど。

英語版HD予告編
ホビット 思いがけない冒険 公式サイト(字幕付)

原作の「ホビットの冒険」は以前読んだがすっかり忘れてしまったので、再読しているところ。予告編は物語が始まったばかりのシーンが中心で、今のところ原作にかなり忠実なようだ。

「ホビットの冒険」は「指輪物語」の成功に気を良くした二匹目のドジョウだと思っている人が多いのではないかと思うが、違うのだ。あ、いや、映画は二匹目のドジョウだと思うけど、原作は違うのだ。順番が逆。

「ホビットの冒険」は1937年に児童書として書かれたが、大人にも読まれて好評を博したため、その17年後の1954-1955年に、「ホビットの冒険」の続きとして大人向けに書かれたのが「指輪物語」。

「ロード・オブ・ザ・リングス」では、何の説明もなく描かれていたシーンも、この「ホビット 思いがけない冒険」を観れば、そういうことだったのかと分かるはずなので(予告編にもチラっと写ってる)、「ロード・オブ・ザ・リングス」の第一作をもう一度観てから、本作を観たほうが良いだろう。

ところで、原作者の名前は日本では、トールキンと表記されるが、これは誤り。本当はトルキーン(アクセントはト)

たぶん翻訳者の瀬田貞二氏が間違えたのだろう。しかし、Tolkienというスペルなんだから、伸ばすところはキの後が自然なのに、なんでわざわざ不自然なところを伸ばしたのかなぁ。

なお、原作に載っている歌詞全文は以下の通り。すごく長いので映画の中では途中ではしょられるだろうが、Blu-rayの特典映像にフルバージョンが入るといいな。 予告編で歌っているのは、下線の箇所だ。既にかなり大幅に途中を飛ばしているが、予告編だからシーンをカットしたのか、はたまた本編でも歌詞自体をカットしているのか。

Far over the misty mountains cold 
To dungeons deep and caverns old
We must away ere break of day
To seek the pale enchanted gold.

The dwarves of yore made mightly spells,
While hammers fell like ringing bells
In places deep, where dark things sleep,
In hollow halls beneath the fells.

For ancient king and elvish lord
There many a gleaming golden hoard
They shaped and wrought, and light they caught
To hide in gems on hilt of sward.

On silver necklaces they strung
The flowering stars, on crowns they hung
The dragon-fire, in twisted wire
They meshed the light of moon and sun.

Far over the misty mountains cold
To dungeouns deep and caverns old
We must away, ere break of day,
To claim our long-forgotten gold.

Goblets they carved there for themselves
And harps of gold; where no man delves
There lay they long, and many a song
Was sung unheard by men or elves.

The pines were roaring on the height, 
The winds were moaning in the night,
The fire was red, it flaming spread; 
The trees like torches blazed with light.

The bells were ringing in the dale
And men looked up with faces pale;
The dragon's ire more fierce than fire
Laid low their towers and houses frail.

The mountain smoked beneath the moon;
The dwarves, they heard the tramp of doom.
They fled their hall to dying fall
Beneath his feet, beneath the moon.

Far over the misty mountains grim
To dungeons deep and caverns dim
We must away, ere break of day,
To win our harps and gold from him!

The pines were roaring on the height,
The winds were moaning in the night,
The fire was red, it flaming spread;
The trees like torches blazed with light.

The bells were ringing in the dale
And men looked up with faces pale;
The dragon's ire more fierce than fire
Laid low their towers and houses frail.

0 件のコメント:

コメントを投稿