2012年11月22日木曜日

IMAXで観る「ホビット 思いがけない冒険」

109シネマズ・グランベリーのIMAXシアターで、「ホビット 思いがけない冒険」の2D版予告編と3D版予告編の両方を観た。

その結果、思ったことは「ホビット」は2D版でいいんじゃないか?ということ。

ホビットのような壮大な映画は、3Dで観るならば、飛び出し感よりも奥行き感があったほうが良いと思うが、予告編を観た限りでは奥行き感は感じられなかった。

それどころか中途半端な3Dが、映画に没頭する妨げになってるような気すらした。

ホビットは、IMAXカメラで撮影された映画ではなく、IMAX DMR技術でIMAXに変換された映画なのだが、変換した場合は奥行き感は出せないのかなぁ。

恐らくIMAX版ホビットは、全部3D上映であり2D上映されないだろう。ならば、2D版の方が良さそうだから、普通の劇場に行くかと言ったら、そんなことはない。

IMAXシアターの音響が大好きなので、他の劇場でホビットを観たくない。多少わざとらしい3Dであっても、やはりIMAXで観たいものだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿