2013年1月27日日曜日

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (2012 アメリカ、台湾)

★★★1/2

IMAX 3Dで鑑賞。IMAX劇場がほぼ満員。アカデミー賞最有力という宣伝が効いているのだろう。確かにアカデミー賞が好きそうな映画だけど、正直、そんなに素晴らしい映画じゃないと思った。

というか、観る前から映像美を楽しむ映画だろうと予想していたが、まったくその通り。とにかく美しい映像の数々に息を呑んだ。まぁ、CGだけど。ちなみに虎も、泳ぐシーンなどのごく一部を除いて全部CGとのこと。本当に良く出来てるなぁ。本物だと思ってたよ。

なお、この映画が実話の映画化だと勘違いしている人も少なくないようだ。映画を観終わった後、周りで「実話なの?」「どうなんだろう?」という会話も聞こえてきた。だが、原作は全くのフィクション。映画化するにあたり、クジラのエピーソードなどは、実際に漂流を体験した人から聞いた話を取り入れたそうだが。

ところで、この映画を観た人には、パイが語る二つのどちらの話を信じるかという選択肢が与えられる。いや、与えられたことに気づかず、虎の話が本当に起こったことだと信じてしまう人も少なくないようだけど。

虎の方の話を信じてもいいのだが、実際には虎が出て来ない方の話が、パイが体験した話ということなのだろう。その根拠を幾つか書いてみた。ネタバレなので見えにくい色にした。読みたい人はCommand+A(MacOS)か、Ctrl+A(Windows)かで。


  • 実際には水に沈むバナナが、水に浮くと言ったこと
  • 現実離れした「死の島」の話をしたこと。しかも、島の形がヴィシュヌ神の形。
  • ボートの帆布の下から、最初、ハイエナが出てきて暴れまくったあと、しばらくしてから(もしかすると何日かしてから?)虎が登場。ということは、当初、帆布の下ではハイエナと虎が仲良く静かに潜んでいたことになる。
  • 最初にパイが帆布の下を覗いたときには、ハイエナも虎も見えなかったこと
  • 船は急に沈んだため、乗員乗客に沈没を知らせることも出来ていなかった。にもかかわらず、船倉の一番下にいる動物を開放することなど出来なかったはずである。

0 件のコメント:

コメントを投稿