2013年12月14日土曜日

47 Ronin (2013 アメリカ)

★★★

予告編で★★1/2ぐらいのヒドい作品だと予想、すなわち期待度ゼロで鑑賞したため、ガッカリはしなかったが、面白くはなかったね。

この映画で唯一好きだったところは、キアヌ・リーヴスが、菊地凛子扮する悪者と戦うときに、刀を握る動作。外国映画の剣士物では、剣をバットのように握って振り回しているだけのことが多いと思うけど、このシーンではバット握りをしていなくて、実にカッコ良かった。

というか、そんなプチ動作が良かったなんて言ってるぐらい、それ以外に誉めるところがない映画ってことだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿