2014年9月23日火曜日

iOS8でGmailを受信する方法

iPhone5SやiPadをiOS8にアップデートしたら、あるいはiPhone6を購入したら、Gmailをメールアプリでは読めなくなった人は多いのではないだろうか。

iOS8のメールアプリでGmailを読めるようにするポイントは、CalDAVでGoogleカレンダーをiOSと同期させることだった。

Gmailが読み込めない人は、Googleカレンダーを使ってようと使ってまいと、以下の手順でGmailを読めるようになる。

何が分かりにくいって、iPhoneやiPadのGmailの設定で入力するパスワードに、Gmailのパスワードを使ってはいけないということ。Googleで新たに発行したアプリケーション固有のパスワードを使わけなければいけないのだ。

手順は以下のとおり。
  1. Googleのセキュリティ管理のページに行き、「アプリパスワードの管理」をクリック
  2. 「iPhone」(または「iPad」)の「メール」を生成
  3. 生成したパスワードをコピー。途中にスペースが入っているように見えるが、そのままコピーしてオーケー。
  4. iPhone/iPadで「設定」を開く
  5. 「メール/連絡先/カレンダー」を開く
  6. 「アカウントを追加」 を選択
  7. 「Google」 を選択
  8. 「名前」に自分の名前を入力
  9. 「メール」 に、Gmailのメールアドレスを入力
  10. 「パスワード」に、2.で生成したパスワードを入力
  11. 「次へ」をクリックして終わり
この手順により、メールアプリで無事Gmailが読み込めるようになる。

4 件のコメント:

  1. おや?僕は普通に今まで通り読めるようですぞ。なぜだろう?

    返信削除
  2. 私もそうでしたが、Gmailアプリを使わないとGmailを読めない人が少なからずいるそうですが、すんなり読めちゃう人もいるんですね。

    返信削除
  3. JINさんはiPhoneのバックアップは暗号化してましたか?暗号化してればパスワードも移行できるので、Gmailもすんなり読めるのかも、とふと思いました。

    返信削除
  4. 確かにバックアップの暗号化はしていませんでした。
    ですが、このコメントをしてから2通ほど「このメッセージには本文がありません」とiPhoneのMail固有のエラーが出ました。
    えええ!?
    取りあえず↑の手段を試みます!なんか面倒くさそうですが(;^_^A

    返信削除