2013年12月28日土曜日

永遠の0 (2013 日本)

★★★1/2

原作を超えるものではないが、原作を台無しにもしていない。かなりはしょっており、原作のダイジェスト版という感じであり、映画化する必要があったのかどうかよく分からない。

岡田准一の宮部久蔵役は原作のイメージ通りで大変よかったが、ただそれだけの映画という気がしなくもない。


0 件のコメント:

コメントを投稿