2010年2月6日土曜日

インビクタス/負けざる者たち (2009 アメリカ)

評価:★★★★

大筋では事実に基づいているようなので、映画に感動すべきというよりは、その事実に感動すべきなのかもしれないが、いずれにせよ何回か涙腺を緩ませたこともまた事実。

もっとも英語版wikipediaで調べてみると、涙したシーンの中には、事実に反する 映画の演出だと判明したものもあったが。どのシーンがどうだったのか、ここでは書かないけど、気になる人はwikiのこの項目を読んでみるといい。

そう言えば、サッカーやアメリカンフットボールを映した映画は沢山あるが、映画館の大スクリーンでラグビーを観たのは初めてかも。どアップで映したシーンが多く大迫力。

0 件のコメント:

コメントを投稿