2010年4月18日日曜日

プルート・ナッシュ (2002 アメリカ)

★★1/2

久しぶりにエディー・マーフィ主演の映画を観たが、これはひどい。「トータル・リコール」の火星の街のセットをそのまま流用したのではと思わせるほど雰囲気が似ているが、スケール感はもっと小さい。月面のセットもミニチュアそのもの。

まぁ、本格SFを目指しているわけではなくコメディ(ちっとも笑えないけど)だから、セットがチャチなのは仕方ないのだが、その割には約90億円とかなりの予算。その予算はどこに消えたのか。ちなみにそれだけの予算を費やしたのに、アメリカでの興行収入はたった4億円。大損だ。

この作品を監督したロン・アンダーウッドは、トレマーズやシティ・スリッカーズなどの面白い作品を監督した人なのだが、この大損が理由だったのかどうか定かではないが、この作品の後はTVドラマの監督となってしまった。

ちなみに見終わってから調べてみたところ、 2003年のラズベリー賞で、最悪監督賞、最悪作品賞、最悪脚本賞、最悪俳優賞にノミネート、2005年には、「この25年間の最悪コメディ賞」にノミネートされていた。そりゃそうだよなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿