2011年2月13日日曜日

ザ・タウン (2010 アメリカ)

★★★1/2

★4つにわずかに届かないが、予想したよりもかなり良い映画だった。

観終わってからエンドクレジットで、主演のベン・アフレックが、みずから監督もしていたということを知ったが、正直、俳優よりも監督のほうが向いてるんじゃないかという気すらする。監督自ら主演しつつ、おいしいところを全部持って行っちゃうのはちょっとケビン・コスナーみたいな感じはあるけれど。

逃走中の犯人が途中でノドが乾いて飲み物を飲むとか、他の映画では観たことがないような細部にこだわっているシーンがあちこちにあり、ストーリーにリアル感を与えている。次回作を期待したい出来栄えであったと言えよう。

IMDbによると、まったく知らなかったが、今までにも短編2本、長編1本を監督している。長編は2007年製作の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』という作品で、全く聞いたことがない作品だが、どうやらあまり評判が良くないようだ。本作で一皮も二皮もむけたというところだろうか。

3 件のコメント:

  1. これは素晴らしかったですね。
    主人公の物語自体はよくある話ですが、今どきの銀行強盗のトレンドとかプロセスがきっちり描かれていて、
    最後には壮絶な銃撃戦があるという、犯罪映画のツボをちゃんとおさえた作りになっていて、感心しました。
    監督としてのベン・アフレックにちょっと注目していこうかなと思える一作でした。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。
    証拠を残さないよう細心の注意を払うあんなに知的な銀行強盗がどれぐらいいるのか分かりませんが、あそこまで描いていた映画は珍しいですね。むしろ今後の銀行強盗が真似しそうで怖いくらいです。(笑)

    返信削除
  3. これからは漂白剤を撒くのがスタンダードになるんでしょうか(笑

    返信削除