2013年4月27日土曜日

ラストスタンド (2013 アメリカ)

★★★1/2

アーノルド・シュワルツェネッガー主演ということで、お笑い系アクション映画と思いきや思ってたよりも血ノリ、ドバー。観終わってから気づいたが、R-15作品。そうだろうね。

でも、血ノリは出るけれども、ユーモアはあちこちに。しかも、不思議なことに戦闘シーンになってから、笑えるシーンが増えていく。

ちょっと残念だと思ったのが、予告編でもやってるが、シュワルツェネッガーが重機関銃を撃つシーン。

シュワルツェネッガーだったら、「プレデター」と「ターミネーター2」で有名となったミニガンを期待したいところだが、この映画の中ではヴィッカースという第一次大戦と第二次大戦で使われていた古臭い重機関銃を撃つ。

まぁ、1秒間に100発撃てるミニガンが出てきたら強すぎて話にならないから、この映画は古い銃で丁度いい。

0 件のコメント:

コメントを投稿