2008年8月31日日曜日

錦織、4回戦進出!

錦織の試合を観戦するためにWOWOWに入会。たまたま昨日がWOWOWの無料鑑賞日で、この日に入会すると9月、10月の2ヶ月は無料というお得なキャンペーンをやっていたので、グッドタイミングでした。実は一昨日入会しようと思ったのですが、一昨日入ってたら大損するところでした。危なかったー。
錦織の4回戦を観たい方、今日中に申し込めば間に合いますよ!

第1セット 6-4 32分
錦織がダブルフォルト2つを連続してゲームを落とした時には、このままずるずる行ってしまうのかと思ったが、直後にブレークバック。

ストロークで第4シードのフェレールに対して、全くひけを取っていないどころか、角度のあるフォアハンドでフェレールを圧倒。素晴らしい。

第2セット 6-4 38分
第1ゲームのフェレールのサービスゲームを 、15-40とブレークチャンスをつかんだのにキープされたのは痛かった。

だが、第1セットでもそうだったが、フェレールのサービスゲームを楽して取らせていないのがいい。
とてもATPランキング4位と126位の戦いには見えない。

そして、フェレールの二つめのサービスゲームを、ラブゲームでブレーク。

次の錦織のサービスゲームをブレークバックされたのは痛かったが、フェレールの3つ目のサービスゲームも0-40とリードしてブレークバックして、1ゲームリード。

ただ、第1セットでは、錦織のサービスゲームはラブゲームが多く楽して取っていたが、第2セットではやや苦労するようになってきた。

錦織は時折ネットプレイを見せるが、これはどうなのかな。相手をかく乱するという意味で良いのだろうが、ポイントはあまり取れてない。フェレールはスペイン選手らしくグラウンドストローカーなので、アプローチショットやファーストボレーが甘いと、きついショットが返ってくるので。錦織の快進撃は止まらない、いや、止まらないでくれで書いたが、ニック・ボレティエリはフェレール戦ではネットに詰めろと書いていたけどさ。

場内では、NISHIKORI! NISHIKORI!の大合唱。

そしてセカンドサービスで、サービスエースを取って、2セット連取!

第3セット 3-6 44分

錦織に疲れが見えて来て、アンフォースド・エラーがかなり目立つようになってきた。

第3セットを落とすと、錦織は体力が続かずフェレールに3セット連取されて負けてしまう可能性があるので、ここは粘って欲しい。

錦織の体力が落ちて来た一方、フェレールの調子も上がったきたので、これはまずい。

第4セット 2-6 40分

ここから WOWOW の放送を待ちきれず、US Open の公式サイトでライブスコアで追うことにした。

第5セット7-5 58分

2-5 から追いつかれてしまい、錦織は何回も迎えるマッチポイントをなかなかものにすることができなくて、もうダメかと思ったが、粘るフェレールを突き放して勝利!

全米オープン、71 年ぶりの4回戦進出!

次の相手は、第17シードのフアン・デルポトロ。ニック・ボルティエリが、ベスト4に残ると予想していた強敵だ。
アルゼンチンの選手だから、この試合もグラウンドストロークの打ち合いが主体になると思うが、デルポトロは198cmもあるだけにサービスは 220km 近く出してくるので、サービスをブレイクするのは難しそうだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿