2009年1月25日日曜日

ザ・ムーン (2007 アメリカ)

評価:★★★1/2

月に降り立ったアポロ宇宙計画の宇宙飛行士12人のインタビューと当時のドキュメンタリーフィルムを組み合わせた映画なので、評価とは低めにつけているが万人にオススメしたい。私は小学生の時に、アポロ11号の月面着陸を生で見た世代なので、アポロ計画には強い思い入れがあるが、それを差し引いても良い映画だった。いや、むしろアポロ世代じゃない私より下の世代に観て欲しい。人類が月に降り立ったという史実を実感して欲しい。

アポロ計画は、すべてアメリカによる陰謀で、実際には月面着陸などなかったのだというトンデモ説があるのだが、そんなトンデモ説を信じている人たちへのメッセージも最後に語られる。アポロ計画などなかったと信じている人たちにも是非観て欲しい。

なお、この映画の途中で、ライト・スタッフについて語られるので、まだ観てないのならば映画「ライトスタッフ [DVD]」を事前に観ておくといいだろう。また、立花隆氏の「宇宙からの帰還 (中公文庫)」を読んでおくと、月に行った宇宙飛行士とスペースシャトルの宇宙飛行士に与えた宇宙旅行の影響の違いがよく分かり、映画の後半で宇宙飛行士達が語ることがより理解しやすいだろう。

ところで、この映画は子供映画じゃないことは明らかなのに、9割がたが子連れ。子供には退屈で相当辛かったようで、じたばたしてる子供達多数。真後ろの子供も飽きてじたばた。席の背中を蹴られまくって不快だった。勘弁して〜。

私が鑑賞した1月25日は、「ザ・ムーン・サンデー」と称して大人1000円、子供500円で観られる日だったせいもあるだろうが、この映画を子供に見せても無理。宇宙飛行士達のメッセージなんて伝わらない。企画したTOHOシネマズは一体何を考えているのやら。

0 件のコメント:

コメントを投稿