2009年1月17日土曜日

007 慰めの報酬 (2008 イギリス)

評価:★★★★

アクション映画としては大層面白かったので満足と言えば満足。

でも、後になってから思えば、007らしさが殆ど無くて寂しい。ジェイソン・ボーンのシリーズの一つと言っても納得してしまいそうな内容。

あと、映画を見ながら、そういう風に翻訳しますか、と字幕が気に食わないと思っていたら、案の定、戸田奈津子。この人、早く引退して欲しい。どうしてセリフのニュアンスを自分勝手に変えちゃうのかな。
字幕は文字数の制限があるから本来のセリフ通りに翻訳できないということは分かるが、短いセリフでも違うニュアンスで翻訳してしまうのはセンスがないとしか言いようが無い。

0 件のコメント:

コメントを投稿