2008年6月28日土曜日

ミラクル7号

評価:★★★

「カンフーハッスル」のようなぶっとんだ映画を期待していた自分が悪いのか?

ストーリーが小ぶりだし、笑いも小ネタ。 変テコな生き物、ナナちゃんの顔芸だけが見もの。
って、要するにCGだけが見ものってことに...。かな〜りガッカリ。

ただ、先生役のキティ・チャンという女優さんがキレイで、それだけが収穫と言えば収穫かな。「少林少女」にも出てたらしいが、ウルトラくそ映画で名高い「少林少女」を観ることは一生ないだろうし、次は何の映画でお目にかかれることやら。

0 件のコメント:

コメントを投稿