2009年8月9日日曜日

G.I.ジョー (2009 アメリカ)

評価:★★★1/2

ひたすら全編アクションシーンで、ド派手な画面が連続し緩急がほとんどないため、逆にちょっと飽きた感がしなくもない。

それにしても、子供の頃に馴染んだGIジョーが、こんな形で蘇るとは。

今から40年ぐらい前、日本でもGIジョーのアクションフィギュアが発売されていて、私は持っていたかどうかは覚えてないのだが、『GIジョー電話』には良く電話した。GIジョー電話というのは、電話するとGIジョーがなんか喋ってくれるというもので、『リカちゃん電話』の兄弟みたいなものだ。

ただ、当時、小学校中学年だったので、そんなにお小遣いは持ってない。でも、頻繁に電話できたのには秘密があった。当時の緑色(今のテレフォンカードが使える緑色と違って、もっと青っぽい色)の公衆電話はタダで電話できる方法があったのだ。

方法ははっきり覚えてないが、当時の電話には5円玉と10円玉が入るスロットがあり、まず5円玉を入れる。そのあと、2/3ぐらいまでフックを下げてから10円を入れてダイヤルを回すと、コインは両方とも戻って来てタダで電話がかけられるとか、なんかそんな感じの技だった。全国的に知られていた技なのかどうか分からないが、昭和40年代の東京の品川区の子供達はみんな知っていた...と思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿