2010年6月27日日曜日

アイアンマン2 (2010 アメリカ)

★★★1/2

★3ッ半以上★4つ未満という感じ。評判はあまり芳しくないようだったが、面白いじゃないか。前半、トニー・スタークにまったく共感できない、というか反感を持っていたが、彼がなぜそのような自暴自棄な状態だったのかが判明してからは、感情移入できて面白くなってきた。グウィネス・パルトロウとスカーレット・ヨハンソンという対照的な二人の美女も眼の保養になるし。

ところで、誰ひとりとしてエンドロール中に席を立たないので、随分マナーが良い客ばかりだなと思ったら、エンドロール後におまけのシーンが。あることをみんな知っていたのかな。

そういえば、エンドロールで"Make Way for Tomorrow Today"というミュージカルっぽい曲が突然流れ始めて、ナンジャコレと当惑。映画の雰囲気と全然違うんだもの。なんかディズニーランドのトゥモローランドのステージで流れてそうな曲。

帰宅してから調べたところ、ディズニーランドのイッツ・ア・スモール・ワールドのテーマソングなど、数々のディズニー映画の作曲をしているリチャード・シャーマンという作曲家が、1974年に開催されたスタークEXPOという設定をイメージして作曲したものだそうだ。だからディズニーっぽいメロディだったのか、と納得。

0 件のコメント:

コメントを投稿