2012年4月9日月曜日

浅草知って紅団

もう3ヶ月前の話なのだが、『浅草知って紅団』というクイズ・イベントに参加してみた。浅草の街のあちこちに隠されたヒントを探し歩き、浅草にかってあった5つのタワーに関する質問に答えるというもので、全問正解すると3DSなどが当たるクジが引ける。

主催しているのは、浅草にある「三十坪の秘密基地」という名前の資料館。資料館と言っても堅苦しいところではなく、気楽に入れるプチ・アトラクションという感じ。しかも入館料は無料。

ここで500円を払うと、浅草非公開帳という『浅草知って紅団』のヒントブックを貰え、書かれているヒントやクイズを解くと、クイズのヒントが書かれた場所が分かるという仕組み。

かかる時間は1〜2時間と公式サイトには書かれているが、ぜーったい無理。どこにヒントがあるか知ってる人やクイズの答えを知ってる人ならば、1時間で全てのヒントが見つかるかもしれないが、普通は無理だと思う。

私は「浅草ベネフィット探偵団」で浅草の街を歩きまわっていたため、ある程度の土地勘があったのと、妻が一番の難問のクイズの解き方をひらめいてくれたので、3時間半ぐらいかかったものの全問正解できた。でも、残念ながらクジは外れて3DSは当たらず。

三十坪の秘密基地」の人の褒め具合からすると、全問成果率は高くなさそう。難しくなかったですか?と聞かれたが、実際かなり難しかった。浅草の街が初めての人だと3時間半も無理。どこに行って良いか途方に暮れるのでは。

第二弾が5月から始まるという。今度は浅草とスカイツリーの間ぐらいの地区が舞台となるそうだ。今から楽しみだ。ただ、スカイツリーのそばだと人混みが多そうなのが、ちょっと気がかりだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿